娘に最強の赤ペン先生がつきました

娘六歳が進研ゼミを始めたんですよ。

娘六歳はこの春小学生になるわけでして、これを機にちょいと始めてみようかと。ママ友さんから紹介を受けるとなんかもらえるぞと。そんでリラックマの文具とかもらったりして始まったわけです。

進研ゼミと言えば今も昔も「赤ペン先生」。まだまだ現役なんですね。

そんで先日、娘六歳を担当する赤ペン先生が決まりました、というおハガキが届いたんですよ。

それがこれなんです。

ん?なんか見覚えがある名前…?

「きたむら かおる」!?

北村 薫
1949(昭和24)年、埼玉県生れ。早稲田大学ではミステリ・クラブに所属。母校埼玉県立春日部高校で国語を教えるかたわら、’89(平成元)年「覆面作家」として『空飛ぶ馬』でデビュー。’91年『夜の蝉』で日本推理作家協会賞を受賞。

引用元:Amazon.co.jp: 北村 薫:作品一覧、著者略歴

まさかの「きたむら かおる」先生。あちらの北村薫先生も元国語教師という本物の先生ですよ。ミラクルすぎる。

北村薫がうちの子の作文を添削したりしないかなぁ。しまじろうのイラスト添えたりとかして。「先生も毎回書き出しには苦労します」とか裏話つけたりして。

今後の娘六歳と「きたむらかおる」先生とのやりとりから目が離せません。

Ads.

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。