いろいろな「0増5減」を考える

一票の格差について違憲判決を踏まえ、国会では選挙区の区割り見直しを行っている。

見直しに際して「0増5減」という言葉がよく出てくる。議員定数の削減を表すフレーズだけども、他の場面でも使えるような気がする。

というわけで、いろいろな「0増5減」を考えてみました。

「10体あったはずのインディアン人形が半分になってる…!」

アガサ・クリスティ『そして誰もいなくなった』にて、1人殺される度に1体減るインディアン人形。まさかのスタートダッシュで幕を開ける。

壷井栄『十四の瞳』

5人転校してしまい、瀬戸内海の漁村はますます寂しくなるばかり。

「台風が近づいているので、今日は1時間目が終わったら集団下校します」

6時間目を待たずして帰れる!でもそうなら来なくてもよかった!

「たかしくんは、1個150円のリンゴ2個と、1個100円のミカンを3個を失いました。損害額はいくらでしょうか?」

たかしくんに何があったんだろう。野良犬にでも食べられたのだろうか。

キャラにない下ネタをつぶやいた後のフォロワー数。

だいたい0増5減。

「やっぱりイナバだ。95人乗っても」\だいじょーぶ!/

ちょっと弱くなった。

「ククク…これでお前たちの戦隊もお終いだ…」

6人目のヒーローは現れるのか!?

「ククク…これでお前たちTOKIOもお終いだ…」

6人目のTOKIOは現れるのか!?

Ads.

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。