「忙しいオフィス」を表現するために人が歩きまくるCM

櫻井翔が出演しているウイダーinゼリーのCM「フレフレ、オレ」篇がすごく気になる。オフィスの中を人が歩き過ぎなのだ。

書類を抱え、出張に出かける櫻井翔のところに、同僚や事務の人が話しかけてくる。その後ろ、多くの社員がファイルを持ったり電話をしたりしながらウロウロ歩いている。座っている人がほとんど見当たらない。

落ち着かない。こんな会社絶対落ち着かない。明日にも倒産してしまいそうな上へ下への大騒ぎだ。座ってExcelいじってる場合じゃない気分になる。用が無いのにトイレに何度も行きたくなる。

オフィスを人がウロウロしているといえば、docomoのCMもそう。料金「得ダネを追え!学割の詳細」篇。

高畑充希からのデータを待つ堤真一と綾野剛。その後ろ、書類が山積みのオフィスの中を社員たちがウロウロしている。わざわざ立ち上がって腕まくりしている人もいる。

2つのCMに共通するのは「忙しいオフィス」の演出だ。

バリバリ働いている櫻井翔や堤真一、綾野剛を表現するために、オフィスを忙しい感じにしないといけない。でも、座ってPCをカタカタしてる様子は傍から見ると忙しい感じに見えない。

どんなに複雑なExcelの表をいじっていたとしても、タイムリミット寸前で精算処理をしていても、次から次へくるメールに速射砲のように返事をしていても、外から見える姿は共通して「PCをカタカタ」しているだけ。それだと絵が寂しい。すると結局人を動かすことになる。忙しいんだから2,3人動くんじゃ足りない。収集がつかないくらい人が歩いていると、すごい忙しい感じになる。てんやわんや感が出る。

PCで大半の仕事が済む現在からすると、この「忙しいオフィス」での仕事はとても非効率だ。結局、「あの人忙しそうだね」という言葉は非効率な所作を示しているのかもしれない。

Ads.

Related Post