「シンデレラ」に「3」まで続編があった


photo by pareeerica

今日は建国記念日。3連休最後をのんびり家で過ごし、子供向けにディズニーチャンネルをつけてみたら「シンデレラ3」をやってた。

えっ、3!?

「シンデレラ」ってあのシンデレラでしょ。ハッピーエンドで終わったでしょ。その3って、というか3があるということは2もあるの!?

気になったので調べてみました。

「シンデレラ1」

「1」、というかオリジナルの「シンデレラ」はグリム童話。

…だと思っていたんだけど…

世界中にシンデレラのバリエーションといえる話が残っている。 現在知られている中でもっとも古い記録の一つに、ギリシャの歴史家ストラボンが紀元前1世紀に記録したロードピスの話がある。

シンデレラ – Wikipedia

そんな昔からあるの!紀元前!

僕らが知ってるガラスの靴やカボチャの馬車の「シンデレラ」は、シャルル・ペローという人がモチーフを考えたものらしい。グリム兄弟バージョンだと銀の靴だったりと細部が異なる。

そしてのちに日本で紹介されるわけですが、

1900年に坪内逍遥が本名の坪内雄蔵名義で高等小学校の教科書用に「おしん物語」の題名で書いた。ここではシンデレラは名前を「おしん」とされ、登場人物や小道具なども日本風にアレンジされた。

シンデレラ – Wikipedia

まさかのおしんアレンジ。よくここから持ち直したと思う。

「シンデレラ2」

「シンデレラ2」はディズニーからOVAとして発売された作品。

王子と結婚したシンデレラとともに王宮へ引っ越したねずみのジャックやガスたちは、シンデレラが結婚したあとに起きたエピソードをまとめた絵本を作り、シンデレラにプレゼントすることにした。

引用元:シンデレラII – Wikipedia

シンデレラと王子が結婚した後のストーリーになってる。確かに続編だ。

エピソードが3本入っている。あの意地悪な継母の娘が身分違いのパン屋に恋をして、それをシンデレラが手助けするという話まである。スピンオフまであるのか。

「シンデレラ3」

これも「2」同様ディズニーからOVAで発売された作品なんだけど、時系列が「2」の後じゃない、かなりの異色作。

意地悪な継母(トレメイン夫人)とその娘(アナスタシア)は王子と結婚したシンデレラを逆恨みしていた。ある日、アナスタシアはシンデレラが魔法の力を借りたことを知り、偶然魔法の杖を手にいれて…

家に持ち帰るとトレメイン夫人は魔法の力を悪用して、時間をガラスの靴の主を探す使者が来る直前まで戻してしまった。さらに魔法でガラスの靴のサイズをアナスタシアの足に合わせ、王子とアナスタシアを結婚させようと企んだ。

引用元:シンデレラIII 戻された時計の針 – Wikipedia

そこまで時間を戻すなんて!こんな話がオフィシャルで出てたなんて知らなかった。

童話の続きを考えるって楽しい。「シンデレラ3」は最後まで観ましたよー。これがいい話になってたんだ。みなさま機会ありましたらぜひ。

Ads.

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。