クレイマーズ・ハイ

砂浜に降りたった私は、パラシュートをかき分けた。さっきまで乗っていた飛行機はもう見えない。

空中に投げ出された時は、視界がすべて青だった。

必死だった。空の青と海の青がグルグルと回った。スカイダイビングの経験なんてない。すぐにパラシュートの紐を力一杯引いた。グン!と背中が引っ張られる。しかし、のん気に空中散歩というわけにはいかなかった。眼下は大海原だ。どこに降りろというのか。

一面の青の中に緑が見えた。島だ。あそこに降りなければ。身体を振り、無我夢中でコントロールする。高度が下がるにつれ、岩山や森がはっきりとした輪郭をもって現れた。砂浜に転げ着いたのは奇跡としか言えない。

戻ったら即、クレームを入れてやろう。

確かに「もうやだ、降りる、飛び降りる!」とは言った。隣の席の赤ん坊が泣きやまず耐えられなかったのだ。半分本気だったが、まさか本当に降ろされるとは。パラシュートを装着させる手際からすると、乗務員はこういう訓練を受けているのだろう。企業ぐるみでこんなこと、許されるわけがない。乗務員のネームプレートもしっかり見た。携帯を開く。圏外だ。

ここはどこだろう。

砂浜には人工物がなかった。ボートもパラソルも、なにもなかった。ホテルなど、建造物の姿も見えない。内陸には森が広がっている。深く、暗く、どこまで続いているのかわからない。

飛行機が無人島に不時着するなんて使い古された設定だ。海外ドラマでもあった。そんな手垢のついたシチュエーションに自分が置かれるなど、不安よりも不愉快でしかたなかった。

人の気配を探して森に入った。冷静でなどいられなかった。不愉快。不快。誰かいないのか。出てこい。この不愉快を吐き出させろ。背丈ほどの茂みをかき分ける。

沼に出た。

森の中にぽっかりと沼がある。湖とまでいかないがかなり大きい。淀んでいて深さはわからない。

沼の周囲を回ってみが、すぐに何かにつまづいて転んだ。腹が立ったが、その何かを見て血の気が引いた。

骨だ。動物の骨。牛かなにかの、かなり大きな頭蓋骨。改めて見回すと、あちこちに骨が散らばっている。何頭分あるのだろう。死体が骨になったのではない。なにかが骨を、いや、肉を貪り喰った痕跡…

気味が悪くなって来た道を戻った。肉を食べた何物かのことは考えないようにした。なんでこんなことになったんだ。冷静にパラシュートをつける乗務員の顔が浮かぶ。いや、そもそもはあの赤ん坊だ。ひきつけでも起こすのかというぐらい泣きわめいて。親も親だ。飛行機なんて乗せるんじゃないーーー

視界が真っ赤になった。

怒りで、ではない。空が、海が、赤い。砂浜に出た私を照らすのは、大海原に沈む夕日だった。

不意打ちを食らって、頭の中が真っ白になった。夕日が白を赤に染めていく。私の中に夕日が入ってくる。体の力が抜けて、へたり込んだ。

私は泣いた。やっと涙が出てきた。そこからはもう一気に泣いた。泣きじゃくり、しゃくりあげ、また声を上げて泣いた。そうだ、私だって、私だっていつかは赤ん坊だったじゃないか。喉が枯れても、涙は枯れなかった。止まらなかった。泣いて、泣いて、泣いた。

森の暗がりの中で、ドボン、と、鈍い音がした。

それが泣き声のクレームだと気づくのに、時間はかからなかった。

※参考
再生JALの心意気/さかもと未明(漫画家)

泣き叫ぶ乳児にブチ切れてクレーム……さかもと未明の“搭乗マナー”が物議

Ads.

Related Post

11件のコメント

  1. 物申したいけどツッコミにツッコミを返してはイカン、と思って書きました。 RT 「砂浜に降りたった私は、パラシュートをかき分けた。さっきまで乗っていた飛行機はもう見えない」/クレイマーズ・ハイ http://t.co/gWjbfOJd

  2. 物申したいけどツッコミにツッコミを返してはイカン、と思って書きました。 RT 「砂浜に降りたった私は、パラシュートをかき分けた。さっきまで乗っていた飛行機はもう見えない」/クレイマーズ・ハイ http://t.co/gWjbfOJd

  3. よくできてる!すごい。 RT @inomsk: 昨日書いたショートショート。赤ん坊の泣き声に耐えられなくて飛行機から降りた人の話/クレイマーズ・ハイ http://t.co/sXZmC6DD

  4. @pontakure おもしろい記事(?)みつけた。 http://t.co/Yk3kSmdq こういう抗議?もアリだね。

  5. 昨日書いたショートショート。赤ん坊の泣き声に耐えられなくて飛行機から降りた人の話/クレイマーズ・ハイ http://t.co/gWjbfOJd

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。