初めて異性からもらったチョコは、本命でも義理でもなかった

高校は男子校だったんですよ。

そもそも中学のころからモテなかったので、本命チョコなんてもってのほか、義理チョコすらもらわずにガラスの10代を送っていました。壊れそうなものばかり集めていました。

バレンタインになると、母親がスーパーでチョコを買ってきたり、おばあちゃんがお菓子の問屋からチロルチョコ1箱(100個入り)を買ってくれたりしました。チロルチョコ100個はテンションあがったなー。全部テーブルに出して両手ですくって指の隙間からガラガラガラ〜って落としたりした。海賊がお宝の金貨を見つけたときのリアクション。

そんなわけで男子校の高校ではチョコをもらえるわけはなく、むしろ学校内からチョコをもらったやつがいるらしい…という都市伝説に怯えながら、2/14を迎えていました。

このころ僕は学校帰りにあるゲーセンに行くのが日課でした。ずっと入り浸ってて、他の常連とも仲良くなって、一つのコミュニティがそこにできていました。ケータイもネットもない時代です。

常連の中には男子も女子もいましたが、そんなとこに集まる男子はたいていモテない奴らなので、バレンタインが近づいてきた時は、チョコなんてもらったことないよ〜、とか、お母さんからしかない〜、とか、俺も〜チョコ欲しいよ〜なんて馴れ合っていました。

その年のバレンタインの日。

常連の女子のひとりが、リボンがかけられた箱を5、6個もってゲーセンにやってきました。

その箱をモテない奴らに1個ずつ配り、呆然とする男子を前にこんな内容のことを言ったんです。

「これはチョコレートだ」

「これで君たちは女子からチョコレートをもらったことになる」

「もう二度と、人前でチョコが欲しいなど、情けないことを言わないこと」

「わかったか」

男子は全員、黙って首を縦にふった。カクカクふった。箱を両手で大事に持って。

初めて女子にもらったチョコは、本命で義理でもなく、教育的指導だった。

家に帰って、親にも妹にも見つからないように、部屋でそっとリボンを解いて箱をあけた。トリュフが6個はいっていた。

もったいなくて、一日一個づつ食べた。

Ads.

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。