笑顔絶えない昇り竜 大矢博子『脳天気にもホドがある。―燃えドラ夫婦のリハビリ日記』

「なまもの!」と言えば、泣く子も黙って本を読みだす老舗書評サイト。イノミスも創設時からお世話になっております。その「なまもの!」の美人巨乳主婦オーナー(自称)こと大矢博子さんの初の単著は『ドアラ絶賛!』の帯。どういうことなのかと言うと、

脳出血で倒れ、右半身麻痺と失語症のリハビリと闘う夫との日常を、愛情たっぷりに描く痛快エッセイ。自分が倒れないための本音の介護情報が満載。「リハビリより鉄道、介護よりドラゴンズ」という脳天気な夫婦の、発病から1年間のお笑いリハビリ日記。

ある日突然、旦那さんが脳出血で倒れてしまう。よりにもよってリビングで医療ドラマ「E.R.」を観ている最中に。救急車で運ばれる時にまで最近買った鉄道の本を持ってきてと頼む旦那さん。病院の予定を「その日はドラゴンズの開幕戦だから」とリスケジュールする大矢さん…。

病状自体は大変なことになっているのに、お笑いエピソード満載で展開する闘病記ならぬ”笑病記”。鉄道マニアの旦那さんは失語症で妻の名が言えなくても「クモハ」と車両の記号は言えちゃうし、立浪引退の報道に驚いた大矢さんが中日スポーツを手に病室に転がり込みあまりの衝撃のニュースでリハビリが進んだり。

サイトの日記の軽やかな筆致そのままに綴られる「愛より実務、涙より行動」とドタバタ続く毎日。それでもその合間には夫婦がお互いを気遣い想う姿がかいまみれて、爆笑から微笑み、ニヤニヤニコニコまでいろんな笑顔をもらえます。

病気の人も、介護する人も、笑ったり休んだりしたってオールオッケー。もしドラゴンズファンの妻が鉄道マニアの夫を介護したら、という、もうひとつの<もしドラ>。笑ってほっこりする一冊になってます。
 
以上です、編集長!

3件のコメント

  1. inoさんが拙著の感想を書いてくれたよ! もうひとつの〈もしドラ〉というコピーが秀逸! RT @inomsk: ブログ更新しました: 笑顔絶えない昇り竜 大矢博子『脳天気にもホドがある。―燃えドラ夫婦のリハビリ日記』 http://bit.ly/gZqAGt

コメントは停止中です。