高橋源一郎『さようなら、ギャングたち』

普段なかなか読まない傾向の本だったのですが、いや面白かった。言葉とイメージの集合体。理屈はわからぬがこの温度はなんだろう。高橋源一郎追おうかな。