たくさんの人がひとつのことをする動画に泣いてしまう

141204goukyu

今月で39歳になります。

ということは来年になったら40歳になってしまう。僕が子供の頃の40歳はこう、もっと大人で、もっとオッサンだったような。というか気がついてないだけでもう十分オッサンなのか。「不惑」だといういうのにマゴマゴしています。

年を取ると涙もろくなる、と言いますけど、僕もかなり涙腺が弱くなってきました。パッキンが劣化してるのかな。クラシアンに電話したほうがいいのかな。森末さん来ちゃう。森末さんって体操選手時代に「笑っていいとも」のテレフォンショッキングが回ってきて、でも当時のアマチュア規定ではバラエティ番組の出演は禁止されてて、それでも「いいとも」に出たいからその日に引退したんですよね。あー、その「いいとも」も今年終わったんですよね…。

あ、この人しみじみしてる、泣いちゃう!とご心配の方、安心ください。泣いてません。僕が今回泣いてしまうことをお伝えしたいのはですね、「たくさんの人がひとつになる動画」のことなんです。

例えばこれです。OK Goの新作MV、”I Won’t Let You Down”

冒頭にPerfumeがカメオ出演していることで話題になった動画ですが、もう……これ泣いちゃうんですよ。

ドローンについたカメラがギューン!と上昇して、赤い傘を持った女の子が統率の取れた動きをして、空からはオレンジの柔らかい光が下りて、最後はとんでもない人数の人文字が出てくる。

すごい。すごいだけならこんなに泣かない。OK GoのMVは裏庭で踊ってるやつ(“A Million Ways”)からずっと見てるのに、すごいのは慣れっこなのに、なぜか今回泣いちゃう。

自分でもよくわからなくて、なんでだろう……と考えてたら、そういえば「たくさんの人が出てくる」動画で泣いたことが過去に何度もあった。

九州新幹線全線開通のCMもそう。

博多〜鹿児島間の全線開通にあわせ、カメラを載せた新幹線を通過させ、喜びに湧く沿線の人たちを撮影したCM。子供も大人もおばあちゃんも飛んで手を振って、コスプレしてる人もたまたま通った人もピョンピョン跳ねてて、

……失礼、

……えー、いまYoutubeのリンクを貼ったついでにまた見たんですが、また泣いています……。

なんか弱い。なんなんだろ。

別にこう、舞台裏のドキュメンタリーとかで感動するのとは違うんですよ。大変だったねぇがんばったねぇ、じゃないんですよ。なんかこう、みんながみんな集まって結果ひとつになってみたいな、いかにも大変でしたみたいなのに泣いてるんじゃないんですよ。人が集まるだけで泣くなら映画の『指輪物語』とか群がりすぎだから号泣だろう、とか、そんなんじゃないんですよ。

「恋するフォーチュンクッキー」もそうだ。

各地方でいろんな人が踊るバージョンがいっぱい出ましたけど、それだとカットが細かくて「みんな」感が無いんですよ。この公式のMVの、すごい人数がみんな笑顔なのがもうー。

フラッシュモブも弱いです。ベルギー駅のサウンド・オブ・ミュージックとか。

大人も子供もみんなごきげんなんだよなぁー。

全体的にポジティブで、楽しくひとつのことをしている動画に弱いみたいだなぁ。これ泣くんじゃないの?という動画があったら教えてください。泣きます。あなたの街まで泣きに行きます。いや街に行かないですけど、家でひっそり泣いてます。うーうー。

Ads.

Related Post