【iPhone】標準メールアプリが起動しなくなったら「機内モード」で対処する

[no title] - 無料写真検索fotoq
photo by moominsean

うちのカミさんのiPhoneが、メールが起動しないというトラブルに見舞われました。

以下、その状況と解決方法を書いておきます。

標準メールアプリが落ちちゃう

きっかけは特になく、メールを見ようかな、とメールアプリを起動したら、ちょっと開いてすぐ落ちちゃったらしい。

標準メールなので、アプリをインストールし直すことはできない。iPhoneを再起動してもダメ。PCから復元をやってみても、やっぱりメールが落ちる。

メールの受信はできる。でもメールを開くと落ちる。もうー。

ネットで調べてみても、同じ症状の人はいるけど解決方法なし。うーん。

と、そこで気がついた。

メールを送信してる時に落ちている?

標準メールアプリは、起動すると同時に送信箱に入っているメールを送信しようとする。

カミさんのiPhone、メールを起動して送信をやってる途中で落っこちてるように見えた。特に変なメールを出そうとした訳じゃないんだけど、どうもこのメール送信が悪さをしてるように見える。

カミさん、このメール送信をさせなければいいのでは?と考えた。送信をキャンセルしたり、送信箱のメールを消したりしたい。

でもメール起動後の送信はキャンセルができない。打つ手がないまま落ちてしまう。

そこでカミさんが閃いたのは「機内モード」。

「機内モード」にして送信箱を空にする

「機内モード」は飛行機や病院など、電波が電子機器に影響がある場面で使うモード。電話もメールも全部切断ができる。

まず「設定」から「機内モード」をオンにする。電話もネットも切断される。

その後メールを起動すると、ネット接続がされてないのでメール送信はされない。メールアプリは落ちなかった。

この隙に送信箱に入っていたメールを削除。

再び「設定」から、「機内モード」を今度はオフにする。ネット接続が回復する。

そしてメールを起動すると…落ちない!

めでたしめでたし。

ちなみに

カミさんが夜中に奮闘しているあいだ、僕はなにも知らずに寝ていました(^^;;

次の日に聞いて、そんなことあるんだー、とビックリ。結局原因はよくわからないのですが、治ったので結果オーライ。

同じ症状にお困りの方は試してみてはいかがでしょうか。

MiniDVテープのケースがiPhoneスタンドにピッタリ

IMG_0049

カセットケースがiPhoneのスタンドとして再生する – #RyoAnnaBlogを読んで、もしや、と思い、MiniDVのケースで試してみた。

思いのほかジャストフィット。

ケースの斜面に沿ってiPhoneを置くとスピーカー部分がすっかり塞がれてしまうので、ちょっと前に斜めに置くと音楽がちゃんと聞こえる。

難点は置いたまま充電ができないこと。まぁ、小ネタなので。

ちなみに普段使ってるiPhoneスタンドはこれです↓

「目に見えないモノにお金を使わない」の話

120円の飲み物は買えるのに、85円のiPhoneアプリを買うのはためらう。

今はためらうけど、そのうちミネラルウォーターみたいに「以前はお金を払うものじゃなかったけど今は当たり前に買うもの」みたいな存在になるんじゃないかな、と以前書いたことがある。慣れるんじゃないかなと。

で、ちょっとさらに思ったこと。

アプリに限らず、情報やコンテンツって、以前からなんかお金を払うのにハードルがある。共通点は「目に見えないモノ」だ。

ニュースサイトを開いて、ここから先は有料です、ってあると知りたい情報でも閉じちゃったりする。

弁護士やカウンセラーの相談料って高いなぁと思ったり、本が電子書籍になってもそこそこ値段するなぁと思ったりする。ひどい例だと違法コピーや無断転載する人まで出てくる。

これって、モノに費やされた時間を想像できなくなっちゃってるんじゃないかな。

昔は、職人が手間暇かけて作ったモノには高値がついた。完成までにかかった時間、職人がその技術をものにするまでの時間が、価格に反映され、買う側もそれに納得した。

しかし、大量生産・大量消費の時代がきて、モノに費やされる時間と価格は比例しなくなった。企画・デザイン・プロトタイプまでは手間暇がかかるものの、大量生産による効率化により価格が安くなった。

「いいモノ」が安く手にはいる世の中になった。

「目に見えないモノ」、情報やコンテンツは、先に挙げた例で言えば職人が作るモノにあたり、手間暇かかるモノになる。大量消費されるものでもないから、大量生産の効率化まで行かず、価格は高い。

安いのに慣れた身には「いいモノ」だけど高いの?となる。

モノに費やされる時間を想像できなくなった時、モノと価格の相関がわからなくなってしまう。

モノに費やされる時間が想像できれば、安く叩いたり、無断で転載したりなんてできなくなるはずだ。

想像力を失わずにいたい。

*関連:
有料アプリは「ペットボトルの水」
「売る人」と「買う人」は切なくすれ違う
鉄鉱石からはじめる電波少年的トースター作り!『ゼロからトースターを作ってみた』

【iPhone】子供たちがカワイイ声で色を教えてくれる「いろぴこ」

かわいいiPhoneアプリを見つけたのでご紹介。

小さいお子さん向けに、色の名前を教えてくれるアプリです。なんとYahoo! JAPAN インターネット クリエイティブアワード 2012一般の部でグランプリ!

無料
(2012.12.04時点)
STARRYWORKS inc.
posted with ポチレバ

起動してみましょう。

いろぴこ。

使い方の説明です。読んだら×で閉じます。

「おれんじ!」と、小さな子どもの声で色の名前を言ってくれます。

指でスライドしようとすると…

指にニョ~ンとついてきて、ぷるるん!って次の色に変わります。このアニメーションがかわいい。動きは公式サイトでも見れますよ。

「みずいろ!」

このアプリが面白いのは、子供の声が1人じゃないこと。

スライドせずにタップすると、「みずいろ!」「みずいろ!」と何回も同じ色の名前を言ってくれるんですが、タップするたび違う子供の声で再生されるんです。4人くらいいるかな?

色は「あか」「ぴんく」「おれんじ」「きいろ」「みどり」「みずいろ」「あお」「むらさき」の8色。8色×4人のカワイイ声が入ってます。楽しくてずーっとスライドしちゃう。

渋滞の車の中なんかで子供の気を紛らわせるのにいいかもです。今月末にはもう帰省ですからねー。

※公式:いろぴこ | ちいさなお子さまのための知育アプリ

無料
(2012.12.04時点)
STARRYWORKS inc.
posted with ポチレバ

「第32回横浜マラソン大会」で10km走ってきました

走ることは昔から大嫌いだったんですよ。

それがなんの因果かランニングを初めまして、ボテボテと小走りをしていたものが、2年ぐらいして5kmくらいは平気でいけるようになるもんですから、世の中わからないものです。

「横浜マラソン大会」は去年に引き続き2回目の参加。10km男子の部にエントリーしてきました。

レースに初めて参加する人のために、レース前の様子を中心にレポートします。初めてって不安なんですよね。

集合~スタート

こちら、集合場所の山下公園。

10kmの部のスタートは9:45。それなのに勢い勇んで8:00に着いてしまいました。寒い。気温6℃。よりによってこの冬一番の冷え込み。

でも、そこそこ人がいます。

横浜マラソンは山下公園からスタートしてベイエリアを回るコースで、ハーフマラソンと10kmの部の2つがあります。10kmの部は本牧ふ頭まで行って折り返し。参加者は合計10000人を超える大きな大会です。

こちらは荷物預かりのテント。ゼッケンの番号でテントが分けられています。

更衣室代わりのテントが別にあって、そこで着替えて、ここで荷物を預けます。

ただ、参加者に対してテントが男女それぞれ1つしかないので、家からウェアを着てくる人も多いです。荷物預かりも混むので、ギリギリまで持っていたいものは応援の人に預けたりしたほうがいいです。

参加者はゼッケンと、このRCタグを靴につけます。

このタグをつけた靴で、スタート地点とゴール地点にある受信エリアを踏むと、自動的にその人のタイムが計測される。すごいなぁ。

タグとゼッケンはレース1週間前くらいに郵送されてきます。計測されたタイムが載った完走証明書も後日郵送される仕組み。

協賛しているスポーツ用品店の出店。忘れ物(ソックスなど)があったら買ってしまうのも手です。ゼリータイプの栄養剤も売ってるのでここでチャージするのも可。

横浜マラソン公式のグッズも売っていますが…

どこかで見たようなお菓子も…。

9:00近くなって、だいぶ人が集まって来ました。みなとみらいをバックに海沿いをアップで走る人が多数(クリックすると拡大します)

そうそう、この時期の山下公園、海風がすごい冷たい。気温より体感温度は寒く感じます。防寒の備えをしっかりしたほうがいいです。寒かった。とくに手。手袋ほしかった。

寒いのでトイレも近くなります。みんな行くので混みます。早めに済ましておきましょう。

写真はトイレに並ぶ大行列。これでも半分すすんだところです。まだトイレ見えてない。

スタート30分前。ハーフの人がそろそろスタートです。10kmの人も集合を始めます。人ごみの中にいると風がこないので寒くない。

立て看板が遠くに見えるんですけど、「予想完走時間 45分~1時間15分」って書いてあります。予想タイムごとに前から並ぶんです。こうすると早く走る人は前のほうからパーっとスタートできる。

僕の予想タイムは1時間くらいなのでこの辺にいます。

さていよいよスタート地点に移動します。

イチョウが綺麗!そして人が多い!

前も後ろもこれくらいギッシリ人で埋まっています。スターターが見えません。街頭に拙遅されたスピーカーから「スタート○分前です」との声がする。緊張する。

そしていよいよ、花火の音と共に、レーススタート!

レース中

写真はありません。

だって撮る暇ないものー。1人で参加してるしー。

これだけの人数がスタートするので、最初は全然進みません。徐々にスピードが上がりますが、それでも1km地点まではジョグレベル。集団で道路を埋め尽くしています。

だんだんバラけてきて、追い抜いたり追い越されたりします。普段から1人でランニングしてるので、どんどん人を追い越すなんて気持ちいいんですが、調子に乗るとオーバーペースになって疲れます。追いぬかれても焦らず、自分のペースを守ること。

自分のペースを守るのに役に立っているのが、普段から使っているiPhoneのランニングアプリ。

「Runkeeper」という無料アプリを使ってます。指定した時間・距離に達すると経過時間・距離・平均ペースなどを声で教えてくれます。僕は1kmと10分ごとに教えてもらうようにしてます。あとはずっと音楽を聞いてます(→ランニングのBGMに「刑事ドラマ」がすごいハマる

無料
(2012.12.03時点)
FitnessKeeper, Inc.
posted with ポチレバ

3kmぐらい走ると倉庫街に入ります。普段は関係車両以外立入禁止の場所。わー、なんかグランド・セフト・オートみたい、と思いつつも走ります。

コースはぼぼ平坦なので走りやすいです。折り返し地点が全然見えてないのにもう先頭の人が帰ってきてたりして、みんな(スゲー…)って顔で見たりします。

10kmの部だと給水地点が7kmと8kmの間ぐらいに1箇所あります。もらうももらわないも自由。僕はもらわずにスルーしました。10kmぐらいなら給水なしでなんとかなる。冬だし。

さてラストスパート…という感じですが、素人にはそんなスパートする余裕などなく。9km過ぎたところにある陸橋の坂がキツイ。そこからゴールまでの直線も、ゴールが見えてるのに長い。ヒー!とスッ飛ばしてゴール。

手元の時計では56分台。お!自己最高タイム。

レース後

ゴール地点は山下ふ頭。そこから山下公園までクールダウンしながら歩いて帰ります。

ゴールして割とすぐにアクエリアスを配っているテントがあります。助かる。グビグビ飲みながら歩く。道端でストレッチをしてる人もちらほら。

靴につけたRCタグを回収して、参加賞(Tシャツなど)をもらって、山下公園に着く頃にはすっかり体が冷えきってます。そこに海風。さ、寒い…。

荷物の引き取りに時間がかかったりしましたが、テントで着替えて、おしまいです。

お昼ごはんにはこれくらいのモノを食べたくなります。つかれたー。

以上、横浜マラソンのレポートでした。来年参加されるかたのご参考となれば幸いです。

僕がランニングをする上で教科書にしている1冊。これで「体幹で走る」ことを覚えたら途端に走りやすくなりました。びっくり。