『海街Diary 怒りのデス・ロード』のあらすじ

映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が気になる。

何が気になるって、「怒りのデス・ロード」である。

原題は”Mad Max: Fury Road”。Furyは激怒という意味なので「怒りの」はいいんだけど、Roadだけで「デス・ロード」。

こういうサブタイトルって誰がつけてるかわからないけど、どうも何かしら付け足してしまう傾向がある。マカレナに「恋の」とつけたりとか。

ただ、「怒りのデス・ロード」は、たぶん何につけても面白いフレーズなのがズルい。『海街diary』『海街diary 怒りのデス・ロード』になる。観たい。観たいので、あらすじを作ってみた。それぞれの公式サイトに載ってるあらすじを混ぜ合わせると、こんな感じになる。

-----

まぶしい光に包まれた夏の朝、石油も、そして水も尽きかけた鎌倉に住む三姉妹のもとに届いた父の訃報。十五年前、父は家族を捨て、その後、母(大竹しのぶ)も再婚して家を去った。父の葬儀で、三姉妹は愛する家族を奪われ、本能だけで生きながらえている腹違いの妹すず(広瀬すず)と出会う。資源を独占し、恐怖と暴力で民衆を支配するジョーの軍団に捕われたすずに、長女の幸(綾瀬はるか)は思わず声をかける。「鎌倉で一緒に暮らさない?」反逆を企てるジョーの右腕・幸と、配下の全身白塗りの次女・佳乃(長澤まさみ)は何かとぶつかり合い、三女の千佳(夏帆)はマイペース。そんな三姉妹の生活に、すずが加わった。季節の食卓を囲み、それぞれの悩みや喜びを分かち合っていく。しかし、祖母の七回忌に音信不通だった母が現れたことで、一見穏やかだった四姉妹は奴隷として捕われた美女たちを引き連れ、自由への逃走を開始する。凄まじい追跡、炸裂するバトル……。絶体絶命のピンチを迎えた時、秘められていた心のトゲが見え始めるー。

-----

観たい。石油も水も尽きかけた古都鎌倉。本能だけで生きながらえてる広瀬すず。クライマックスの大竹しのぶとの白熱するバトルも見どころだ。

あと全身白塗りの長澤まさみも観たい。

Ads.

Related Post