ラッスンゴレライじゃない。「本物に似せた名前のコスチューム」がいろいろ大変

ラッスンゴレライでおなじみ、8.6秒バズーカーになりきれるセットがAmazonで売られていた。つなぎ・ベルト・ネクタイ・サングラスが含まれているらしい。

しかし名前が『ちょっと待ってフルセット』である。

こうしたパーティーグッズには、しばしば「本家の名前は出さないけど、本家をうっすらと想像させる感じの名前」がつくことがある。権利関係がゴニョゴニョなのかなんなのか、いろいろと理由があるのだと思う。

『ちょっと待ってフルセット』だって、8.6秒バズーカーとは全く関係なくて「いや、ちょっと待って欲しいときに使うやつです」と言われるかもしれない。商品説明には「ド派手な赤いコスチュームでリズミカルに踊ってみよう!」と書いてあるけどもだ。

そういえば最近のアレとかコレとか、どんな名前がつけられているんだろう?と思って調べてみた。

おしゃべり未亡人セット

昨年の流行語大賞だと思われるのがこちら。

カツラとワンピースのセット。名前を出してはダメよダメダメなのだろうか。Amazonのレビューには「思ってたよりも上等の衣装」「他の余興でもアレンジ可能」と星5つがついている。

ちなみに「よく一緒に購入されている商品」がこちら。

顔を白塗りにする粉と、

あのカツラである。完全にコンビでのご利用の形跡が残っている。

ちなみに、もっとやっつけな感じの商品もある。

「いやぁーん 姉さん」。元の要素ゼロだけど、なんとなく近い。付かず離れずに寄せている。

めちゃめちゃレモン

元々の名前を微妙にかぶらせているネーミングの例がこちら。

『めちゃめちゃイケてる』+「オカレモン」≒「めちゃめちゃレモン」である。どっちでもない。けど、どっちの要素も入っている。

全身タイツとかぶりもののセットなので、マイクは別途用意する必要がある。

デラックスなマスク

一目瞭然のデラックスである。

マツコがデラックスとかは言ってない。あくまでマスクがデラックスである。マスク・デラックス。マスクの知らない世界。

フューチャークッキー

フォーチュンじゃない。

一瞬あれ?と思うけど、違うクッキーである。初めて名前を聞くクッキーだけども。商品説明には「恋する衣装の登場です!」と、これまたギリギリのラインをついている。

お昼休みの司会者セット

『ヒルナンデス!』でも『バイキング』でも『ひるおび!』でもない。

ウィッグ、サングラス、マイクのセット。マイクがでかすぎる。今だと「ブラブラする司会者セット」になるのだろうか。

THEカツラ アンドロイドツインテール

アンドロイドだったっけ。

この色でツインテールならもうあの人である。ちなみにちゃんと権利をとると……

ちゃんと「初音ミク」を名乗ってフルセットになってるのがある。ネギ付。

コンビニ

一番衝撃だったのがこれ。

あのコンビニである。いつ使うんだこのコスチューム。これ着てセブンイレブンとか行ってみたい。

いろんなコスチュームを見たせいで、僕のAmazonの「関連商品からオススメ」が大変なことになってしまった。初音ミクとタモリと日本エレキテル連合が入り乱れている。買わない。買わないぞ。

Ads.

Related Post