IKEAで売ってるぬいぐるみのセンスがおかしい2014

2008年の初回以来、毎年IKEAのぬいぐるみの変遷をウオッチし続けていたこの企画。もはやイノミス唯一の連載シリーズとなっていたのですが、なんと2013年はIKEAに行っていませんでした。あれ!

というわけで、しれっと最新作の2014をお送りします。

売り場が変わっている

まず1年以上のブランクを痛感したのがこの出来事。

IKEA港北のいつものぬいぐるみ売り場を目指して行ってみたら、全然ぬいぐるみがいない。

ikea2014_101

パンダと……

ikea2014_105

口しかいない。

パンダと口という、この組み合わせもどうかと思うけど、他にぬいぐるみ自体が見当たらない。まさか、ぬいぐるみ史上から撤退してしまったのか?僕が見ていない間に?「親孝行、したいときには親はなし」的な悲劇なのか!?

……と、かなり焦ったのですが、なんのことはない、キッズ売り場がもっと奥に移動しただけでした。

ぬいぐるみが全く無いなら「違う場所かな?」と思うけど、ちょっとだけ置いてあるからなおさら「これだけ!?」ってビックリしました。

動物 vs 非動物

奥に進んだらちゃんとありましたよ。相変わらずの山積みです。これは犬。

ikea2014_107

前回(2012年)、「ぬいぐるみが明らかにかわいくなっている」という驚きをリポートしたのですが、かわいい派のぬいぐるみが増えてきたように思います。冒頭のパンダもうちの子が欲しがるほど可愛かった。

ikea2014_111

2012年にもいた、お目目パッチリのキツネとウサギも健在。

ikea2014_108

同じく健在のハートクッションとのコラボレーションまで実現していました。

ikea2014_113

芥川龍之介「蜘蛛の糸」を彷彿とさせるディスプレイの猫とブタ。

ikea2014_122

ドラえもんも裸足で逃げ出す巨大ネズミなど、動物たちも元気に暮らしています。

以前は動物のようにみえて実在しない生き物(全身ピンク色のダチョウなど)がいたのですが、最近は動物はちゃんとリアルに作るようになってきたのでは?と感じました。

対して、もういっそ動物には寄せない、ハートや口などの「非動物」なぬいぐるみ枠が設けられている様子。

ikea2014_125

人参に手足をはやしたりとか、

ikea2014_109

クラウド化を進めていたりだとか、

ikea2014_104

さっぱりわからないところまで来ているのもありました。これ、目をつける必要あるのかな……。

IKEA、ベア回答相次ぐ

アベノミクスによる賃上げ要求により、今年の春闘では大手企業のベア(ベースアップ)回答が相次ぎました。

これに負けじと、IKEAのぬいぐるみもベアが相次いでいました。

ikea2014_121

ベア(bear)。

動物のぬいぐるみの中でも、ホントにベア(熊)のぬいぐるみだけいろんな種類があるのです。

ikea2014_115

よりお手頃なサイズのオーバーオールベア。

ikea2014_110

もうちょっとリアルな感じの色合いのベア。

ikea2014_114

ウサギの後ろからしのびりよるリアルベア。

なんでしょう、組合からベアの要求でもあったんでしょうか。「よーしそれじゃぁ」と経営側が意気込んだ結果がこれなんでしょうか。さぞ組合側も歯ぎしりをしているのではないでしょうか。ベア=ベースアップのこと、って書いておけばよかった……!

極めつけはこれです。

ikea2014_112

おばあさんとベアです。

このおばあさんは、ベアから切り離すことが可能なのですが……。

ikea2014_212

ベアの口と腹がつながっており、なおかつベアの腹が開くようになっているのです。

つまり、おばあさんが食べられる→腹を切り裂いて救助、という赤ずきんプレイが可能になるのです。

そんなことならなぜオオカミにしないのか!?と何度確かめてもベアです。

ikea2014_123

これでもか!と積まれている人喰いベア。

ikea2014_118

上にも並んでいました。おばあさんを離すんだ!

変なぬいぐるみ、という産物を、動物vs非動物の対比に落とし込んだと思いきや、今度はシチュエーションから「変なぬいぐるみ」感を出してきたIKEA。

やはり油断なりません。

おまけ

IKEAの店内ディスプレイには、お客様からの疑問に答えるものがあって、例えば「低価格はどうやって実現しているの?」みたいなことに答えてくれたりしてます。

その中に「どうしてIKEAは何でも大量に作るの?」という疑問と回答があったんですが……

2014-03-16 10.24.58

大量に生産し、配送することで、よりお手頃な価格でお客様に商品をお届けできるのです。これが理由です。

と言いながら、そこに赤ん坊の写真をコピー&ペーストするセンスがすごい。大量生産て。

Ads.

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。