あの箱が入るか入らないか

medium_3976826457

5000万円がバックに入る、入らないで揉めている大人たちを見た。

あの都知事のバックだ。五輪招致に成功し、世界をオモテナシだったはずが、世間にオモデデロになってしまった、あの都知事。

5000万円を入れて持って帰った、というバックに、5000万円を模した白い箱をギュウギュウ差し込んで、入らないじゃないか、いや入ったんだ、と揉めていた。5000万円は白い箱でも、都知事の過去はブラックボックスだった。

それはそれとして。

あの白い箱欲しい。

家にあるバックというバック、リュックというリュックに、あの白い箱をギュウギュウして、これは5000万円入るなぁ、これは入らないなぁ、ってやりたい。

ベビーカーの下のスペースや、プラレールの箱、学習机の一番下の大きい引出しなどに白い箱をギュウギュウして、子供たちと一緒に入る入らないでキャッキャしたい。

忘年会に持って行って、みんなのバックに入るか入らないかでワイワイしたい。

飛行機の座席の下に入るか確かめたい。

やがて人から人へ渡り始める白い箱。

縁日の射的で景品になっている白い箱。

雨上がりの道端に転がっている白い箱。

神棚に飾られる白い箱。

ご神体になる白い箱。

ご神体をめぐる争いはやがて内戦に発展。

人間が機械に支配される未来を変えるために、過去に送られる白い箱。

桃を二つに割るとそこには白い箱が。

竹林にひときわ明るく輝く白い箱が。

玉手箱を開けるとそこには白い箱が。

浦島太郎が白い箱を開けると、辺りが煙に包まれて、気が付くとシワが増え、視力が弱り、時は2013年、太郎は都知事になっていたのでした。

漆塗りの玉手箱はまさにブラックボックス。いろいろ記憶に無いわけだ、と思う。

photo credit: sⓘndy° via photopin cc

Ads.

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。