特別展「深海」のミュージアムショップがイカすぎる

※ご参考:これまでのあらすじ→ダイオウイカを一目見に、特別展「深海」に行ってきた | イノミス

国立科学博物館の特別展「深海」には、最後にミュージアムショップがあるんですよ。

国立科学博物館自体にもミュージアムショップがあるんですけど、「深海」用のミュージアムショップが作られてるんです。もう、深海深海してるんです。

かなりのマニアックぶりだったので、その模様をお伝えします。

フィーチャリング ダイオウイカ

深海展の目玉がダイオウイカなので、まあダイオウイカがフィーチャーされるのはしょうがないんですが、それにしてもすごかった。

展示が終わって、角を曲がるとミュージアムショップがあるんですが、いきなり目に飛び込んで光景がこれ。

実物大のダイオウイカぬいぐるみ!

その大きさ6m。でかい。でかすぎる。抱き枕にしても半分以上余る。むしろ、うちの一家全員いっぺんに抱ける。

下にあるオレンジのものも3mある。買った人はこれ持って電車乗るの!?と思ったら、受注生産らしい。

他にもダイオウイカをモチーフにしたものがいっぱい。

お土産のお菓子、パイの包装もすごく長い。そんなに長いパイが!と思ったら、うなぎパイサイズのパイが縦に入ってた。

よりイカっぽい箱のイカスミラスク。「食べたあとは小物入れとして使えるよ!」とPOPが付いている。スナイパーライフルとか入りそう。

およそ食べ物が入っているとは思えない大迫力の「ダイオウイカ対マッコウクジラ 激闘クッキー」

すごい長いスルメもあったけども……

原材料はダイオウイカではありませんでした。

ダイオウイカフレームのプリクラもあった。撮ったんですが、ダイオウイカがデカすぎて顔が入らないという迫力ぶりでした。

深海生物のぬいぐるみ

長年IKEAの変なぬいぐるみをウオッチしておりますが、ここのぬいぐるみもすごかった。
(※ご参考:「IKEAのぬいぐるみ」一覧 | イノミス

まず、モデルの生き物自体見たことがない。

IKEAのぬいぐるみは緑の犬とかピンクの象とか、現実にありえないカラーリングだったんだけど、たぶんこの深海生物ぬいぐるみは本物の色なんだろうな…。

リュウグウノツカイ。目がぱっちりしててカワイイ。

「ほわっとホワイト」というシリーズになってるけど、イカとカニ以外によくわからない生き物がいる。

中央には各種ぬいぐるみが入り乱れているコーナー。カオス。

しんかい6500グッズ

深海探査艇の「しんかい6500」グッズもたくさんありました。

しんかい6500の形の箱のお菓子とか。

自由帳とか。

またプリクラがあった。謎なフレームだらけ。

ぬいぐるみやキーホルダーなど、普通に欲しいのもありました。普通に欲しかったので写真撮ってませんでした。

ミュージアムショップまでが深海展です

そんなわけで全てが規格外の深海ミュージアムショップ。深海展にお寄りの際は是非チェックしてみてください。

出口から出ると巨大なシロナガスクジラがいるけど、これは深海展じゃなくてずっとあるやつでした。

特別展「深海 —挑戦の歩みと驚異の生きものたち—」| 国立科学博物館
10/16(日)までの開催です。9月の連休にイカがでしょう。

Ads.

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。