「アボカド」が言えなくて

スーパーで買ったアボカドを見た息子二歳、パパに「これなぁに?」と不思議そうに聞いてきた。

アボカドだよ、と教えてあげたけど、何度も言っても「アボカボ?」って答える。舌足らずでかわいい。

そこに娘六歳が登場し、息子二歳にちゃんと「アボカド」と言わせようとしたのだけど、これが完全に漫才になっていた。

「アボカド」
「アボカボ」
「ちがうよ、アボカド」
「アボカボ」
「ア・ボ・カ・ド」
「アボカボ」
「ア!ボ!カ!ド!」
「アボカボ」
「だーかーら!ア!ボ!カ!ド!」
「アボカボ」
「ア!」
「アー」
「ボ!」
「ボー」
「カ!」
「カー」
「ド!」
「ドー」
「そうそう!アボカド!」
「アボカボ」
「もー!ボ、じゃなくて、ド!ドー!」
「アドカド」
「ちーがーうー!」
「アドアドw」
「アー!ボー!カー!ドー!」
「アドカボーンww」
「アボカドでしょ!」
「アボカボアボーンwww」
「コラー!待てー!」

息子二歳が逃げてオチた。ボケツッコミの例文みたいだ。なんだこの子たち。

アボカボ→ボしゃなくてド!→アドカド(ボが2つともドに変えられてる)のくだりとか、偶然かもしれないけど、ちょっとでき過ぎている。なんだこの子たち(2回目)

女は生まれながらにして女優だという。子供も生まれながらにして芸人なのかもしれない。