亀を助けた。

昨日のこと。

梅雨明けの暑さにやられながら、外を歩いていました。気温30度を越える猛暑です。

池がある、ちょっと大きめの公園を通り抜けようとした時、目に入ったのが「亀」。

s2013-07-08 08.17.27

道の真ん中に亀。

公園の池には亀や鯉が暮らしているんですが、ここは池からけっこう離れた、舗装された緑道。周りに水の気配なし。どうしてこんなところに?

このままだと暑さで干からびてしまうぞ、と思い、亀を抱える。亀は驚いて、首や手足を引っ込める。

そのまま池まで運ぶものの、不思議なもので、池が近づくと亀は手足を振って「離せ離せ」とアピールをしだす。

最終的に亀から身を投げる感じで、ドボン、と池に帰って行きました。池の底から泥が舞い上がり、濁った水の中へ亀の姿は消えていきました。

亀を助けたぞ。

これは…ひょっとしたら、ひょっとするかもしれませんよ。

「絶対に押すなよ」が「押せ」の合図のように、「箱を開けるな」と言われたら開けてしまうかもしれませんよ。

続報にご期待ください。

Ads.

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。