【本】『PRAY FOR JAPAN』 あのとき感じた「気配」のこと

20130307-220446.jpg

2011.3.11から、まもなく2年を迎えるタイミングで、『PRAY FOR JAPAN』を読み返した。

あの日。悪夢が襲った日。

その真っ暗闇な現実から、未来に光を見る言葉たちにハッとした。

商品が散乱したスーパーで列に律儀に並ぶ人たち。終夜運転の電車で妊婦に席を譲る老人。大人を慰める子供の優しさ。避難所で食料や毛布をシェアしあう人々。世界中からの激励の言葉。

震災は悪夢をもたらしたけど、生き残った人々は希望を見つけようとしていた。

あの日の夜。みんなが一丸となって、立ち上がる気配を感じた。困難にたちむかい、いろんなことを飛び越えて、つながりあえる気がした。

あれから2年。

あの気配はいまどうなってるだろう、と、座布団をひっくり返してみるけど、ほこりだらけで錆びついて、すぐに見つけられない。

『PRAY FOR JAPAN』を読み返して、あのとき感じた「気配」のことを思い出す。

※pray for japan 東北太平洋沖地震、海外からの応援メッセージ集 prayforjapan.jp

Ads.

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。