SUBWAYのサンドイッチは全部で何通りになるのか

最近よくSUBWAYでサンドイッチを食べてます。

SUBWAYのサンドイッチって、パンや野菜、トッピングなど、自分の好きなようにオーダーできる。最初はいろいろ聞かれて「えー…」と戸惑ったけど、慣れてくるとスムーズに「トマト抜きでレタスとオニオン増量で」と言えるようになった(トマトが食べられない)

SUBWAYでサンドイッチを食べながら、このオーダーをさばける店員さんスゴいなぁ、あんなに多岐にわたるカスタマイズ覚えきれないよ…と思って、ふと、気になった。

SUBWAYのサンドイッチって、全部で何通りできるんだろう。

調べてみた

SUBWAYをご存知ない方はまずこちらの「ご注文の流れ メニュー 野菜のサブウェイ – SUBWAY」をご覧ください。

注文は5つのステップに分かれています。1つ1つ見ていきましょう。

step1

サンドイッチは「サンドイッチのオーダーメイド メニュー 野菜のサブウェイ – SUBWAY」から15種類。レギュラーサイズ(15cm)とフットロングサイズ(30cm)があるけど、今回はレギュラーサイズのみの場合を考えます。

step2

パンは4種類から選べる。トーストするか/しないかを選べるので、4×2通りのパンができる。「パンなし」という選択もあるらしいけど、それはもうサラダなので今回は割愛。

step3

トッピングは8種類。デフォルトはトッピングなし。各トッピングについてあり/なしの2通りがあると考えると、トッピングは8×2通りになる。

※訂正:あり/なしの2通りが8種類あるので、8×2通りじゃなくて、2×2×2×2×2×2×2×2、2の8乗通りが正しいです。

step4

野菜の好み。6種類の野菜について、増量/減量/普通/なしの4通りが選べるので、野菜の状態は6×4通り

※訂正:トッピング同様、4×4×4×4×4×4、4の6乗通りが正しいです

step5

最後にドレッシング。全部で9種類。ドレッシングなしもオーダーできるので、10通り。

全部掛け合わせると…

15×4×2×8×2×6×4×10 = 460,800
15×4×2×(2×2×2×2×2×2×2×2)×(4×4×4×4×4×4)×10 = 1,258,291,200

12億5829万通り!

トッピング・野菜・ドレッシング全部なしのハムだけ挟まったパンとかもできちゃうけど、12億を越えるとは!

あなたが今日SUBWAYで食べるサンドイッチは、1/1258291200のサンドイッチなんです。

こう書くと貴重な食べ物に感じるから不思議。

Ads.

Related Post

3件のコメント

  1. トッピングのところですが、それぞれについてあり・なしがあるなら組み合わせは 2×2×2×2×2×2×2×2 で2の8乗になりませんか。おなじように野菜も4の6乗になるとおもいます。

    1. >トッピングのところですが、それぞれについてあり・なしがあるなら組み合わせは2×2×2×2×2×2×2×2 で2の8乗になりませんか。おなじように野菜も4の6乗になるとおもいます。

      その通りです!!!!!
      訂正します!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。