慎重な議論

Lex Macho Inc.

「お集まりいただきありがとうございます。先日の委員会で『慎重な議論が必要だ』という結論を受け、本日の会議を開かせて頂きました。つきましては、より慎重な議論を持ちたく、よろしくお願い致します」
「よろしいですか」
「どうぞ」
「会議室のキャパシティについて確認です。参加者はまだ他にいらっしゃるのでしょうか」
「慎重なご意見ありがとうございます」
「恐縮です」
「本日はコンプライアンス上の慎重を期すため、私他1名、計2名での開催としています」
「わかりました」
「それでは議論の方に……」
「よろしいですか」
「どうぞ」
「私が本人であるかどうか慎重に調べていただく必要はないでしょうか」
「慎重に?」
「慎重に」
「ニセモノかもしれない、とおっしゃる」
「はい。慎重な議論の場だからこそ、こうした慎重さが求められるのではないでしょうか」
「なるほど」
「どうでしょうか」
「既にIDカード、指紋認証、顔認証、静脈認証はパスしていただきました」
「パスいたしました」
「そして筆跡、声紋、DNA共にデータベースのものと一致しています」
「果たしてそれで本人と言えるのでしょうか」
「なるほど」
「どうでしょうか」
「慎重な議論が必要ですね」
「慎重な議論が必要です」
「例えば親族などの証人を呼んで確認していただくのはいかがでしょうか」
「当人たちと口裏を合わせている可能性もあります」
「あなたの身元についてはデータベースに全て情報が存在します。親族、上長、恩師、隣人に至るまで。ランダムに証人を選び、こちらが用意した質問に基づいて答えていただく。この方式ではいかがですか」
「私が日頃から彼らを欺いているとしたら?」
「いつからニセモノになったのかわからないと」
「そうです」
「なるほど」
「偶然に回答が一致する可能性もあります」
「なるほど」
「どうでしょうか」
「慎重な議論が必要ですね」
「慎重な議論が必要です」
「行動記録はいかがですか」
「行動記録」
「あなたが生まれてから、成人し、この会議室に来るまでの間、すべての行動記録はデータベースに記録されています。ニセモノと入れ替わる動きがあればわかります」
「私の肉体は本人のものかもしれません。しかし精神がニセモノだとしたら?」
「行動記録には現れない方法でニセモノになっていると」
「そうです」
「精神がハックされたのなら、肉体になんらかの痕跡が残るはずでは?」
「電磁波、超音波などのワイヤレスな手段の可能性もあります」
「なるほど」
「狐憑きなど超自然的な現象も視野にいれなければなりません」
「なるほど」
「どうでしょうか」
「慎重な議論が必要ですね」
「慎重な議論が必要です」
「それではデータベースの……」
「待ってください、私がデータベースを操作できる人間だとしたら?」
「まさか、それはいささか荒唐無稽な…」
「可能性の問題です。私にデータベースを操作する権限があるとしたら?」
「全ての元となるデータが改ざんされているかもしれないと」
「そうです」
「なるほど」
「どうでしょうか」
「慎重な議論が必要ですね」
「あなたと話しているのは私なのでしょうか?」
「慎重な議論が必要ですね」
「私と話しているのはあなたなのでしょうか?」
「慎重な議論が必要ですね」
「第三者が全ての出来事を操作しているのではないでしょうか?」
「慎重な議論が必要ですね」

「いかがですか。あなたは、あなただと、証明することができますか」

「そろそろ時間になります」
「より慎重な議論が必要ですね」
「より慎重な議論が必要である、と言えます」
「本日はありがとうございました」
「ありがとうございました」

結論:
『より慎重な議論が必要である』

Ads.

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。