深夜の爆弾処理

「おかえりなさい」
「起きてたのか」
「座って」
「カバン置いてくる」
「いいから座って」
「…」
「お仕事大変ね」
「…うん」
「毎晩毎晩」
「うん。この箱なに?」
「土曜も日曜も」
「あぁ、うん」
「家はほったらかしで」
「そう言うなよ」
「ねぇ」
「なに」
「私と仕事、どっちが大事なの」
「…また…」
「どっちなの」
「…ごめんな、そんな質問させて…」
「誤魔化されないわよ」
「どっちも大事なんだよ」
「そればっかり」
「…」
「今日こそハッキリしてもらうわ」
「あ、その箱、なんなの?」
「赤いコードが私、青いコードが仕事よ。どっちか切って」
「えっ」
「ペンチこれね」
「えっ、これ、爆弾…?」
「そうよ」
「そうよって、爆弾、どうしたの」
「作ったのよ」
「作った」
「手作りで」
「手作り…で…」
「あなたのために何か手作りするの、おととしのバレンタイン以来ね」
「あぁ…腕を…あげたね…」
「赤か青か、どっちなの」
「あの、あの一応確認なんだけど、間違ったほうを切ると…どうなる…の?」
「ドカンよ」
「ドカン」
「全部ドカンよ」
「全部ドカン」
「わかるわね」
「全部ドカン…」
「そうよ」
「赤が…?」
「私」
「青が仕事」
「そう」
「大事だと思うほうを…切る…?」
「逆。なんで大事なもの切るの」
「あー…はい。そうですね」
「大事なの切ると爆発するわよ」
「はい…」
「早く」
「あの、あのこれ、例えば、赤を切ったとするじゃないですか」
「私を切るのね」
「例えばですよ例えば。赤を切られたら、単純な話、悲しいじゃないですか。青の仕事が残されて」
「そうね」
「赤切って爆発したとしたら、悲しい上に全部ドカンじゃないですか」
「そうね」
「これ、君が作ったんだよね」
「…そうね」
「…」
「…」
「じゃあ、青を…」
「…」
「青の仕事を切りますよー」
「…死にたくないんでしょ」
「なに?」
「死にたくないから青を切るんでしょ!私が大事だから赤を残すんじゃなくて!」
「違う違う!」
「死にたくないからでしょ!」
「違う違う!君が大事だから赤残すの!」
「嘘よ!」
「ホント!大事!赤が大事!」
「嘘よ!自分がかわいいのよ!」
「っていうか爆発したら君も死んじゃうでしょ!」
「あなただけ死ぬようにできてるわ」
「恐ろしいもの作ったな!」
「手作りよ」
「手作りで!」
「じゃ青切りなさいよ。爆発するかもしれないわよ」
「この流れで『正解は仕事が大事でした』ってパターンないでしょ!」
「…」
「めんどくさいよ…」
「…」
「…」
「…ごめんな」
「…」
「ごめんな、こんな、爆弾作らせて…」
「…いいのよ」
「大事だから」
「ありがとう」
「アハハ…」
「ウフフ…」
「なんか腹減ったな」
「そうね」
「なにかある?」
「赤いコードが肉、青いコードが魚よ。どっちか切って」
「まだやるの!?」

Ads.

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。