お確かめください

「1820円になります」
「あー……1万円札しかない……これで」
「1万円お預かりします。大きいほう1000、2000、3000、4000、お確かめください」
「え」
「お確かめください」
「いや足りないでしょ」
「お確かめください」
「だから足りないでしょ、1000、2000、3000…5000円札…!?」
「8000円になります」
「えっなにこれ」
「お後、180円になります」
「ねぇなにこれ」
「お確かめください」
「さっきの」
「お確かめください」
「……100……80円です」
「こちら、お品物になります」
「ねぇさっきの」
「右手をお確かめください」
「えっ……あれ」
「胸ポケットをお確かめください」
「……100……80円です」
「袋にお入れいたしますか」
「それどころじゃないよ」
「袋にお入れいたしますか」
「180円が瞬間移動したよ」
「袋に」
「お入れしてよ。お入れして」
「こちらです」
「うん入ってる。入ってます!これは!僕が!買った!品物です!」
「レシートはご入用ですか」
「あれ、お確かめは…」
「レシートはご入用ですか」
「…」
「…」
「あ、なんかすいません…興奮しちゃって…」
「レシートは」
「ください」
「お確かめください」
「きたっ!」
「お確かめください」
「はい!確かに…これは僕の買い物のレシートです!裏も…白くて、透かしても…なにもないです!どうぞ!これどうぞ!」
「それでは返品処理をいたしますのでお品物をお預かりします」
「うんうん」
「お待たせいたしました。代金1820円になります」
「すごーい!レシートがお金になったー!」
「お確かめください」
「今日はいいもの見たー!ありがとう!ありがとう!また来ますね!」
「ありがとうございました……お確かめください」

Ads.

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。