仕事納め百景

deskwork

「くそぉ、一足遅かったか。ルパンめまんまと納めおって」
「いえ、あの方は何も納めなかったわ。私のために働いてくださったんです」
「いや、奴はとんでもないものを納めていきました…あなたの仕事です」
「!…はい」

ある会社が年末を迎えた。
社長は社員たちに速やかに仕事を納めるように、指示しなければならなかった。
社長は、それぞれの外国人社員にこう言った。
アメリカ人には「仕事を納めればあなたは英雄ですよ」
イギリス人には「仕事を納めればあなたは紳士です」
ドイツ人には「仕事を納めれるのがこの船の規則です」
イタリア人には「仕事を納めると女性にもてますよ」
フランス人には「仕事を納めないでください」
日本人には「みんな納めてますよ」

「仕事は会議室で納めるんじゃない…現場で納めるんだ!」

メロスは激怒した。
必ず、かの仕事を納めなければならぬと決意した。
メロスには社内政治がわからぬ。
メロスは、ヒラの社員である。
キーを叩き、合間に遊んで暮して来た。
けれども納会に出るビールの銘柄に対しては、人一倍に敏感であった。

「納まれ、納まりたまえ。さぞかし名のある仕事の主と見受けたが、なぜそのように荒ぶるのか」

イエスが歩いていると一人の男が社員に石を投げられていた。
理由を尋ねると「この男の仕事が納まらないからだ」と答えた。
それを聞いたイエスは「この中で定時までに仕事を納めた者だけが石を投げなさい」と言った。
すると石を投げる者は仕事に戻り、イエスは会議室に忍び込んで先に納会のビールをあけた。

(記者から「あの時の自分になんと言いたいですか」と聞かれて)
 市川海老蔵「仕事を、納めなさい」

「おっとそこまでだ」
「くっ…」
「両手をゆっくり上にあげるんだ」
「…」
「どうやらお前も仕事の納めどきのようだな」
「…(ニヤリ)」
「あん?」
「まだ終わらないさ。今ごろ仲間が明日からの計画を立てている。もう止められない」
「なん…だと…!?」

仕事「これで納まったと思うなよ!」

Ads.

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。