鉄鉱石からはじめる電波少年的トースター作り!『ゼロからトースターを作ってみた』

きっかけはともかく、「ゼロからトースターを作ろう」ということになったらどうします?

うーん、まず部品を買いに行くのかな。ハンズ行けばあるかな。アキバなら揃うかな。

ノンノン、それでは「ゼロから」じゃない。10段階で言ったらもう「8」くらい。

この本を書いたトーマス君の結論は「鉄鉱石を掘りに行く」

やぁ、僕の名前はトーマス・トウェイツ。この度、僕はトースターを作ったんだ。時間にして9カ月、移動距離にしてい3060キロ、そして金額にして1187.54ポンド(約15万円)をかけて。
(まえがきより)

アート系の大学院の卒業制作を作ることになったトーマス君。全くのゼロ、原材料からトースターを作ろうと思い立つ。生活してて目にする工業製品の大部分は、元は地面に埋まっていた鉱石や原油だ。取ってきたら作れるんじゃないの。トースターとか。

と思って、まずは安いトースターを買ってくる。お値段約3ポンド94ペンス。日本円で500円くらい。パンが2枚焼けて、焼けたたらポン!と飛び出るポップアップ式。安物だし簡素にできてんだろう、と分解してみてビックリ。

部品の数404個。素材の数は100種類以上。

「マジかよ…」と途方に暮れるトーマス君。これが500円て…。

仕方ないので原材料を5種類に分類する。「鉄」「マイカ(断熱に用いる鉱石)」「銅」「プラスチック」「ニッケル」。

これならなんとかなるんじゃないの。さて鉱山に行くか。でもどうやって鉄鉱石から鉄にしたらいいんだろ。

「電波少年」か「水曜どうでしょう」か

1人じゃ無理、と早々に王立鉱山学校の教授にメールを出してアドバイスを受ける。「鉄をやめとけ、銅なら簡単だぞ」と言われたのに、華麗にスルー。ロンドンから一番近い鉄鋼山、南ウェールズのクリアウェール鉱山へ。一番近いと言っても鉄道で200km以上の旅。

しかし鉱山はとっくに閉鎖され、今は観光地になっている。事前に「トースターを作りたいから鉄鉱石を掘らせて欲しい」と連絡をしたのに「ポスターを作りたい」だと勘違いされ、ツルハシも持たず鉱山に入ることになり、坑道にはクリスマスの飾り付けがされている(観光地なので)という、爆笑の展開が待っている。

それでもなんとか鉄鉱石はもらう。40キロももらったので、トランクの車輪が一発で壊れる。

もうこんな感じで行き当たりばったり。「電波少年」か「水曜どうでしょう」かというぐらいノリに任せた行動が続く。

マイカを掘りに北のはずれまで来て、グーグルマップを見ようしたらiPhoneが圏外。その辺の酔っぱらいのオヤジに道を聞いて、地図に鉛筆で1本線を書かれて「こう行けば着く!」と言われ、軽装で登山をするハメになる。

プラスチックを作るのに原油が欲しくて、大手石油会社BP社の広報に電話して「バケツ一杯くらいちょうだい」と頼むも断られる。絶縁体の天然ゴムが欲しくて王立植物園に電話をかけ、「女王陛下の植物園はゴム園じゃない」と怒られる。

材料を手に入れるだけでこの騒ぎ。なのに、そこからトースターの部品を作んなきゃいけない。

作ってわかる「部品」のありがたみ

トーマス君、鉄鉱石から鉄を作る方法を調べに図書館に行くけど、全然わからない。近代の工業プロセスの話ばかり出てくる。

こちとら1人である。工場で行う作業を説明されてもしょうがない。書物をさかのぼってさかのぼって、ようやく1人でできる溶鉱炉の話が出てくるのが500年前の書物。そこまで前なのか。

自宅の裏庭で作業を始め、電子レンジがお釈迦になるなどの試行錯誤の末、なんとか鉄を取り出すことに成功するトーマス君。

当たり前のようにその辺にある鉄も銅もプラスチックも、最初は誰か1人が作ったものだろうけど、今は大規模な仕組みの中で、大変な手間をかけて作られている。

1人で奮闘しているトーマス君に笑い転げながら、工業製品の裏にある多大な苦労と見えないコストに気が付かされるのだ。産業革命から、大量生産・大量消費の時代に至るまで、いろんな人々が知恵を出して犠牲をだして、モノづくりを完成させてきたのだ。

完成したトースターを前に、トーマス君も、環境問題や、資本主義や、人間の欲というものに、思いを馳せてポツポツと語りだす。

バカバカしいプロジェクトが、バカバカしいプロセスを経て、はかばかしい結果を産んだのだ。

なんです?完成したトースターが見たい?あれ、もう見てますよ?

この記事の最初の方ですよ。

ちょっと大きい画像で見てみましょうか。

これです。真ん中の。黄色いドロドロしたやつ。

一見、ただのゴミにしか見えない。でも、読み終わってから見るとこんなに愛しいモノもない。

モノを大事にするということは、モノが生まれる全ての歴史を大事にすること。このドロドロのトースター(15万円)がそれを教えてくれるのだ。お腹を抱えて笑って、読み終わったらスタンディングオベーション。素晴らしい本でした!

HONZによる著者インタビュー:著者インタビュー『ゼロからトースターを作ってみた』トーマス・トウェイツ – HONZ

※トーマス君がTEDでこのトースターについて講演した動画。

Ads.

Related Post

1件のコメント

  1. 昨日の記事。タイトルちょっと変えました。めちゃめちゃおもろかったです/鉄鉱石からはじめる電波少年的トースター作り!『ゼロからトースターを作ってみた』 | イノミス http://t.co/qbWNZpDg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。