「市外局番+177」でその街の天気予報が聞ける

photo:Yesterday's Call by Vincent_AF

携帯電話から固定電話に電話をかける時って、必ず市外局番をつけないといけないですよね。

あまりに当たり前すぎて、もはや「市外局番ってなに?」状態な世代もいるのではないかと。

そんな、日が当たらなくなってきた市外局番の小ワザを2012年の今さら紹介します。

「市外局番+177」

「177」で天気予報が聞けるのはご存知の通り。

これに市外局番をつけてみる。「市外局番+177」

そうすると、市外局番が表す地域の天気予報が聞けるのです。

「099177」なら沖縄のお天気が、「022177」なら仙台のお天気がわかります。

…そんだけでした!

もうちょっと詳しく説明すると、「177」に電話をかけると、その先の電話交換機で自分の地域の市外局番を自動で頭に付けるんですね。横浜で177をかけると、「045177」に電話したと解釈されて、横浜のお天気を流す。

というわけで、全国どこでも177に電話すれば、電話をかけた場所の天気予報が流れる仕組みになっているのです。

まぁ、今はネットで天気予報わかりますけどね…。

そうそう、時報の「117」に市外局番をつけても日本全国おんなじ時刻ですよ!ご注意!

Ads.

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。