マンネリ打破!カラオケに特殊ルールを持ち込む

U-87 by Nam2@7676

先日久しぶりにカラオケに行って声がガラガラになったINOです。あー、あー。

カラオケは学生時代かなり行きまして、もう同じメンバーで行き過ぎたので、社会人になってからは「しばり」を設けて遊んだりしてます。

というわけで、今日はカラオケがマンネリ化しているあなたに向けて、これまでやってきた「しばり」、特殊ルールを用いたカラオケをご紹介します。
 

■「主題歌」タイトル当てられたら即終了
歌えるのはドラマ主題歌のみ。歌い手以外の人がそのドラマのタイトルを言い当てたら即終了。1コーラス歌いきったら歌い手の勝ち。
王道ドラマはすぐ当てられるし、マイナーすぎてもつまらないし、ギリギリのラインをつく戦い。アニメ主題歌とかCMソングでもできそう。
 

■洋楽噛んだら即終了
歌詞が外国語の歌のみ選曲可。歌いだして噛んだら即終了。見慣れぬ単語だったりテンポが速かったりで、これが意外とできない。4人で1時間ぐらいねばって、カーペンターズ「Yesterday once more」でやっとできた。 
 

■サビから始まる歌限定
いきなりサビから始まって、サビ→Aメロ→Bメロ→サビとなる曲限定。持ってるレパートリーを総動員して悩んで、他の人が出した曲に思わず「それがあったー!」となる。回答例は「ガッツだぜ!」(ウルフルズ)、「Choo Choo Train」(EXILE)、「ヘビーローテーション」(AKB48)など。
 

■前科者限定
逮捕歴がある人の歌だけ歌うという、芸能知識も必要なこのしばり。言われてみれば確かに、という人が結構いたりする。回答例は「失恋レストラン」(清水健太郎)、「どんなときも」(槇原敬之)、「エキセントリック少年ボウイ」(板尾創路)など。
 

他の人が歌ってる最中に選曲を予約してしまうと事前に曲名が出てバレてしまうので、一人が歌い終わったらもう一人が入力、とやったほうがベターです。

他にもこんなルールがおもしろい、とかあったら教えてくださーい。

3件のコメント

コメントは停止中です。